-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-11 21:55 | カテゴリ:えび
いよいよシュリンプ栽培センターの社長にお聞きして来た話しを覚えている限り書きます。

ビーシュリンプ突然変異で生まれた訳じゃないです。
そこには社長の「何で」と思う所から始まっています。

最初、日本に来たシュリンプはほとんど色の無いわずかに黒い色をしたエビちゃんばかりだったそうです。
その中に黒色でも少しずつ色が違う個体が居たそうです。

普通なら気にもしないのに、社長は「この黒は何で出来ているのか」と思ったそうです。

絵具でも色んな色を混ぜて行ったら最終は黒になりますよね。
甲殻類には赤、青、緑、黄色のがいます。

こそで、環境を変えて(PH)飼育したそうです。
そんな飼育環境の中で3年目に1匹の赤エビちゃんが誕生したそうです。

このエビの先祖は赤だったんだと思ったそうです。

やっと生まれてきた赤エビちゃんは♂で、これに黒の♀を交配させてF2で2匹の赤エビちゃんが誕生したそうです。

それからは皆さんがご存じの様にブリーダーによって今の様なエビちゃんが誕生してきています。



何故、社長がエビちゃんの先祖が赤だと思ったか・・・
それは、大昔地球上には真水と海水の違いが無い時に地殻変動で陸地が出来て、その中に取り残された魚や甲殻類が進化して行きました。

陸地だと派手な生き物は捕食の対象になります。
エビちゃんも長い年月をかけて地味に進化して行ったそうです。

言われれば川魚に派手な物はいませんね。
でも、1種類だけ派手な淡水魚がいます。
それは、ネオンテトラです。
何で、ネオンテトラは派手でも生きて来られたのでしょう。
ネオンテトラが生息していたのは、外敵の鳥などが入って来れないジャングルだったからです。



上記の話を聞いて私の長年の疑問が解けたと思いました。

黒えびは進化した物で、本来は赤えびだったのか・・・
そう言えば黒えびは赤えびと比べて色が濃くならない。
足が真っ黒な♂個体が生まれて来ない理由が分かったと思いました。


シュリンプ栽培センターが「CRS、クリスタルレッド」商標登録を取得したのは自分で作り出したエビちゃんである事を証明する為だったそうです。
突然変異では絶対に商標登録は降りませんからね。


最後にCRS、クリスタルレッドは突然変異では無い。
一人の人間の情熱で出来たものです。



もっと書きたいですが、疲れたので終わりにします。




FC2のランキングが3位に落ちました。
みなさんポチっと宜しくお願いします。


にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://trueheart103.blog71.fc2.com/tb.php/135-a645458a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。